赤坂見附の歯科でインプラントの治療を受けましょう

治療の手順

検査と治療の方針

赤坂見附でインプラント治療を受ける場合、治療前の検査をする必要があります。そのときにレントゲンで口の中を確認し、インプラントをどこに埋め込むのか、骨の強度や大きさ位置など詳しくチェックしてから治療の方針を決定します。

手術開始

インプラントを埋め込む際は歯茎を切開し顎の骨を少し削る必要があります。この骨を削る作業が心配だと思う人が多いのですが麻酔を使用してもらえるので安心して手術を受けることができます。

人工歯の装着

インプラントを埋め込んでしばらくした後に人工の歯を埋め込みます。歯の色や形は人それぞれ異なるのでこの人工の歯も様々な素材で1人1人に合わせた最適なものを付けることができるのです。

健康にも効果的

自分の歯としてしっかり噛み締めることができることで全身の健康にもとてもいい影響を与えます。また自信のある口元を手に入れることで口を開けて笑うことに抵抗がなくなり心身共に健康だいることができます。

赤坂見附の歯科でインプラントの治療を受けましょう

歯型

インプラントとは

チタンでできた人工の歯のことをインプラントと呼びます。手術であごの骨にドリルで穴をあけ、人工の歯根を埋めます。あごの骨にしっかり固定できることにより本物の歯同様しっかり噛みあわせることができ、違和感も感じにくいといわれています。

インプラントの歴史

インプラント自体は数十年前には技術をして開発され、実際に歯科治療として取り入れられてきました。しかしここ10~20年の間に技術が劇的に進歩したことでより医療の現場に取り入れられるようになりました。手術をしてから約10年間問題なく使用できる可能性は95%ほどといわれています。

広告募集中